--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 01. 09  
Cooingでは、だっことおんぶの専門店北極しろくま堂さんの本企画の趣旨に賛同し(末尾文章参照)、助産師さんにご協力をいただき、下記の要領で開催します~!

**************************************************
<おんぶのお試しサロン~おんぶで子育てが楽になる!>

子育てにおんぶを取り入れると、毎日の家事の時間が劇的に変わる!でも、おんぶってどうなんだろう・・?だっことおんぶの専門店北極しろくま堂のスタッフが、ばってんおんぶひもの試着、使い方の解説、おんぶの秘密や知識をお伝えするちょっとお得なサロンです。

■日時:2013 年1 月28 日(火)9:30~11:30
  ※ご都合のよい時間にお越しください。
■場所:横須賀市総合福祉会館 5 階第2研修室
(JR/横須賀駅下車徒歩8分・京急/汐入駅下車徒歩6分 ★ショッパーズプラザ隣のマンション群のさらに隣の大きな奥まった建物)
■対象:赤ちゃんとママ、おんぶに興味ある方、妊婦さん等 どなたでも
■参加費無料、申込不要・直接会場へお越しください

s-おんぶひも
↑昔ながらのばってんのおんぶひも

s-へこおび
↑「へこおび」という一本のひもでおんぶしています。これもじつは昔ながらのおんぶ。

当日はおんぶの疑問になんでもお答えします。
「ばってんおんぶが楽なのは何故?」「ばってんおんぶは赤ちゃんも楽しいって?」「おばあちゃんは絶対おんぶというけど・・」「昔はなぜみんなおんぶだったの?」「防災を考えると絶対おんぶのほうがいいよね?」などなど。
お気軽にご参加ください。

【主催】Cooing
【共催】北極しろくま堂有限会社
【協力】助産師 川島保子
【お問合せ】北極しろくま堂有限会社カスタマーセンター
(電話)054-653-4700 (メール)info@babywearing.jp

<北極しろくま堂さんのFBより一部抜粋>
日本では古くは平安時代から着物でおんぶをしてきた記録があるほど、おんぶは子育ての文化として根付いてきたものでした。しかし、近年ベビーカーや多種多様な子守帯、スウィングベットなどの普及によりその姿を見かけることが極端に少なくなってきています。
今0歳の赤ちゃんの祖父母世代では一本の帯やひもを使って負ぶえる人も非常に少ないのが現状です。
一方北極しろくま堂では12年前から昔ながらのおんぶひも(ばってんおんぶひも)を復刻し販売してきました。
ぴったり密着しておぶうこのタイプは、小柄な日本人の体型にあっているだけでなく、肩越しに向こう側をのぞける高さゆえ、赤ちゃんが社会と接するのに最適なスタイルであるとも言われています。
先の東日本大震災の避難の際も、素早い行動がとれるのはやはりばってんタイプのおんぶひもであったという被災地からの声も聞かれています。
北極しろくま堂では、日本社会で世代を超えて受け継がれてきたこのおんぶ文化を絶やさないことは、養育者の子育て負担を減らすだけでなく、よりより親子の絆の形成にも役立つと考え、お母さんに寄り添ったケアを行われている助産師さんにご協力いただきおんぶの講習試着会を開催します。
スポンサーサイト
2014. 01. 09  
今年もこじんまりとですが、小さい子どもとママのための企画を計画中です。
どうぞよろしくお願いします。

FBにも綴りましたが、年末年始は東電福島第一原発から約50kmにある福島の実家に帰省しました。家の前には、除染作業ででた放射性物質も含む土砂や雑草が詰まった土嚢袋が積まれていました。これらは、過去そして現在に至るまで私たちが得ている「便利さの代償」です。

これらの「便利さの代償」を目の前にして、改めて実感したことは、大変だけど、自然に還らないような不自然なモノや事象などに頼るのではなく、日本の気候風土に根差し、自然に寄り添った無駄のない先人たちの暮らし方を大切にしてく、それをなんらかのカタチで少しづつ実現していく一年にしたいなと考えています。
小さな子どもたちへが、安心して大地の土に足をおろし、生き物たちとふれられるように。


プロフィール

ytanji

Author:ytanji
Cooing(クーイング)は、「自然」と「暮らし」をテーマに、お母さんと子ども(乳幼児)が一緒に参加できるセミナーやイベント等を企画・実施する任意団体です(2012年7月設立)。スタッフも子育てをしながらボランタリーで活動しています。

海洋環境教育の専門家、野生動植物の研究者、助産師さん、保育士さんなどなどご協力を得ながら、のんびりと開催してます。
身体や脳の成熟とともに、感覚の基盤が形成される乳幼児期の自然あそびはとても大切です。いろんな動植物や自然現象にふれ、感動し共感することは、子どもの将来においてとても重要な意味を持ちます。その共有は人と人とのつながり、人と自然とのつながりを生んでいきます。

今が大切なとき。お空の下で思いっきり遊びましょう~!

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。