--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014. 02. 05  
ちょっと肌寒いけど晴天のこの日、だっことおんぶの専門店「北極しろくま堂」さんの企画で、助産師の川島保子さんにご協力をいただき、当団体主催で赤ちゃんとお母さん(背負う方)のための『おんぶのお試しサロン』を横須賀市で開催しました。

今回は生後3ヶ月~5ヶ月の赤ちゃんとお母さんにご参加いただきました。なかには、おんぶがはじめてという方も。赤ちゃんの様子を見ながら、北極しろくま堂さんのスタッフ河嶋庸乃さんがお話と実技指導をしてくださいました。

お話は、ベビーウエアリングについてや今回つかうおんぶ紐などのご紹介、おんぶの歴史、海外と日本のおんぶの比較、おんぶする理由やその効果、昔ながらのばってんおんぶがなぜいいのか等々。身近なことなのに意外に知らないことばかり。

s-①おんぶのお話

いよいよおんぶ体験です。
はじめは道具を使わず、素手でおんぶの高さを体感。

s-②素手でおんぶ

おんぶがはじめての場合、ぐずってしまう赤ちゃんもいます。
この時「この子はおんぶが嫌いなんだ」と勘違いしてしまうお母さんもいるそうですが、はじめてのお母さんの背中。慣れていないだけで、繰り返すうちに大丈夫になってきます。

次に昔ながらのおんぶ紐を使ってのおんぶです。
はじめての方も恐々でしたが、みなさん上手におんぶすることができました。

参加者の皆さんが、昔ながらのおんぶをしていつも驚かれるのは「高さ」と「密着度」です。
後ろを振り返るとほぼ同じ高さに赤ちゃんの顔があります。これはお母さんの身体への負担を考えてもバランスのとれた位置になります。またこの位置から、お母さんの背中の自然なまるみにそって赤ちゃんがぴったりと寄り添ってきます。

s-③おんぶひもでおんぶ

そして、双方の顔が近いのでお母さんは背中の赤ちゃんに話しかけたり、様子を見ることができます。赤ちゃんはお母さんと沢山のコミュニケーションがとれるのと同時に、肩越しにいろんな経験を視覚から積むことができます。

今回は北極しろくま堂さんの「タートリー」という商品も体験。これはだっことおんぶを両方できるものです。助産師の川島さんにも、だっこの仕方を教えてもらながらだっこにも挑戦。多くのみなさんが使ってらっしゃる、キャーリー型のだっこ紐とはまた違った体感に驚くお母さんも。

つづいて、へこおびを体験。これは着物の帯の兵児帯に由来するもので、一本の布です。一昔前までは赤ちゃんのための専用の道具というものはなく、身の回りのものを使って育ててきました。そのなかのひとつが兵児帯です。

一本の布をどうやって使うの?と興味津々のお母さんたち。
実際に使ってみると赤ちゃんとの密着感と、自分の肩や腰への負担が少ないことにびっくりします。だっこの場合は、肩だけでなく背中にも赤ちゃんの重さが分散されるので、一か所に負担が集中することがなく楽なのです。

s-④へこおび

おんぶも挑戦。背当てがないので、おんぶ紐に比べるとちょっと不安という方も。
特に月齢の低い赤ちゃんの首すわりや身体について心配されるお母さんもおり、助産師の川島保子さんからも、おんぶの仕方についてのアドバイスや、赤ちゃんの発達や身体についてなどのお話もいただきました。

s-⑤助産師さん

今回は自分が持っているおんぶ紐やスリングを持参され、おんぶやだっこの仕方を質問されている方もいらっしゃいました。こんなにいろいろ試しながらも、途中、ぐずる赤ちゃんはほとんどおらず、帰る頃には心地いい抱っこにぐっすりでした。

最近はおんぶをしたことがないお母さんも増えているそうです。
そもそも赤ちゃんもお母さんも心地いいだっこやおんぶの仕方を学ぶ機会がどんどん減っていると言っても過言ではないと思います。
胸を強調する恰好から、ばってんおんぶは敬遠されがちですが、お母さんの身体の負担軽減という面だけでなく、何よりも赤ちゃんとコミュニケーションが沢山とれるという点からも、昔ながらのおんぶは理にかなっているものなのだな~と改めて勉強になりました。

この企画を立案された北極しろくま堂さんはじめ、ご協力いただいた川島さん、ご参加いただいたみなさん本当にありがとうございました!
スポンサーサイト
プロフィール

ytanji

Author:ytanji
Cooing(クーイング)は、「自然」と「暮らし」をテーマに、お母さんと子ども(乳幼児)が一緒に参加できるセミナーやイベント等を企画・実施する任意団体です(2012年7月設立)。スタッフも子育てをしながらボランタリーで活動しています。

海洋環境教育の専門家、野生動植物の研究者、助産師さん、保育士さんなどなどご協力を得ながら、のんびりと開催してます。
身体や脳の成熟とともに、感覚の基盤が形成される乳幼児期の自然あそびはとても大切です。いろんな動植物や自然現象にふれ、感動し共感することは、子どもの将来においてとても重要な意味を持ちます。その共有は人と人とのつながり、人と自然とのつながりを生んでいきます。

今が大切なとき。お空の下で思いっきり遊びましょう~!

最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。